ロボット対策はGoogle対策
前回アクセスアップツールの上手な使い方について書きましたが、今回は検索エンジンに話題を戻し、ロボット対策とは具体的にどのようなものか、ご説明したいと思います。

以前ロボット型検索エンジンに登録されるのは簡単、でもそれ故に莫大な登録サイトが存在するためロボット対策を取らねば埋もれてしまい、訪問者を呼び込めない!と述べました。そうです!対策を取り検索結果の上位(検索結果の1ページ目、2ページ目)に表示されなければアフェリエイトで稼ぐことはできません。では、ロボット対策とは一体なんなのか?

簡単に言えば、ロボットが検索結果の上位下位に表示するルールを理解し、自サイトに適切な処置を施すこと!です。ですが、一言でロボットといえど、検索サイトによりそれぞれ違ったロボットを採用しています。「ん?という事は無茶苦茶大変じゃないかっ!出来るかっ!んなもん!」と思われた方、大丈夫です。

現在、検索エンジン界のシェアは半分以上Googleが占めていまして、Google対策のみでロボット対策の大半をカバーできるんです。goo、excite、Biglobe、AOLサーチ、@search(nifty)など、ほとんどの主要検索エンジンがGoogleのシステムを採用。

数ヶ月前、Googleが最もメジャーな検索サイトYahooと決別し、YahooがYSTというシステムを採用し始めたため、Google対策、YST対策、どちらを取るべきか苦悩されている方もおられると思います。(何せ稼ぎが大きく変わりますので) でも、ノンベイが調べた限りGoogle、YST、両方とも基本的なアルゴリズム(仕組み)は変わらないそうですから、それ程神経質にならなくて良いようです。(検索結果が異なるのは、YSTがまだ不安定なのだとか。)

これからGoogleでの上位表示を目指していきましょう!自サイトの検索キーワードは、サイト名思案時にきちんと決めましたか?まだの場合、出来るだけ早くご選定下さいまし!キーワードが決まって無いと、対策の意味が無い、というか対策そのものを取れませんので。出来れば3つ位欲しいです。

では、手始めに1つ!<title></title>の間に検索キーワードを入れて見て下さいませ。(<title>タグは上部の<head></head>の間にあります。) より左側に有る単語を検索エンジンは重要視しますから、出来れば左側に配置して下さい。また、不必要な単語が含まれている場合、削除した方がグッド!この対策は、数ある対策の中でも手軽でとても効果的な方法ですので、必ず実践しませう!

例 「バイト」「小遣い」「稼ぐ」が検索キーワードな場合。(並びは検索されたい順番) <title>バイトで小遣いを稼ぐ!</title>でOK!

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO