ワンクリック詐欺に注意!
昨今は不景気からか詐欺が非常に横行しております。身内を装うオレオレ詐欺改め振り込め詐欺は、あわや流行語にもなりかけました。

こういった詐欺って、TVで他人事として見ている限りでは、「あぁ〜、哀れだな〜。でも、そんなもん普通引っかかるか?」と疑問を持たれると思いますが、非常に手口が巧妙なようでして。20分超のストーリーに加え、BGM(電話越しに聞こえる)まで作り込んでいるようです。設定が警察の場合、後ろがざわざわしていて何やら慌しいなどなど。その上、警官の口調まで練習済みらしいですから。ほとほと呆れてしまいます。

オレオレ詐欺のような詐欺は、ネット上にも存在します。数年インターネットをしている方なら、一度は出くわした、もしくは聞いたことがあると思いますが、その名もワンクリック詐欺。「入場する」などの文字をクリックしてサイトを訪れると、料金の請求画面が表示されると言ったものです。

このワンクリック詐欺、ダイヤルQ2詐欺に成り代わる詐欺として生まれ、今ネット上で最も被害者の多い詐欺です。ダイヤルQ2詐欺は、主にアダルトサイト内に設置された銀色の立体ボタン(例外あり)をクリックすると、訪問者が不本意に国際回線へ繋いでしまうというものでして、非常に詐欺と分かりにくい巧妙な詐欺だったのですが、近年ADSLや光回線の利用者が増え、ダイヤルアップ回線の使用者が減ったことから、Q2詐欺は減少しています。(ADSLや光回線の場合、モデムへ電話回線を繋いでいない限り、勝手に国際回線へ接続されることはありません。ダイヤルアップ接続でも、Q2チェッカーで回避可能。)

そこでワンクリック詐欺が主流となった訳ですが、このワンクリック詐欺も一見すると、突然請求画面に出くわすと言った無茶苦茶なものなので、「普通は引っかからん!」と言い切りがちですが、被害者の心理状態を巧みに利用しているので注意が必要です。

きっかけは主に携帯やパソコンに送られてくる迷惑メールです。この迷惑メールに記載されたURLからアダルトサイトや出会い系サイトへ接続し、表示された「入場する」「18歳以上」などの入り口をクリックすると、もっともらしい文面の請求画面が表示されます。5日以内に利用料金を指定口座へ振り込んで下さい。振込みが確認できなかった場合は、プロバイダへIPから情報開示を求めるなど。

よく好きな女と遊園地や映画館へ行くと、今起きたドキドキ心はジェットコースター、映画が原因で起きたものなのか、はたまた男と一緒にいるからなのか分からなくなり、恋に陥るかも!等と言われますが、これと全く一緒。
出会い系サイトで素晴らしい出会いが!アダルトサイトで物凄いものがっ!とワクワクしながら、いざ入場すると、目の前には「期日までに5万円振り込みなさい」の文面が。アダルトサイトや出会い系サイトの文字で抱いたドキドキ心が、請求画面に対する不安感を増大させます。被害者がネット初心者であれば、なおさら心臓の鼓動が。非常に腹立たしいっ!

もし請求画面を目にしてしまったら、お茶でも飲んで冷静になりましょう。相手が知っているのは、IPアドレス、プロバイダ名、県名ぐらいしかありません。これは、ページのアクセス解析をすれば誰しもが簡単に知れる情報です。これを元に個人情報の特定などできません。プロバイダもプロバイダ利用者に明らかな否がなければ、情報を開示したりしませんので。(開示する場合は、特定サイトへ幾度に渡り中傷・非難などの言葉を残し、これをサイト管理者が提出した場合など。)

ワンクリック詐欺は無視!が鉄則です。電子消費者契約法にて、「充分な説明がなされていない契約は無効」とされていますし。
また、現在容易に家裁へ債権訴訟を起こすことが出来ますので、万が一裁判所から呼び出しの知らせが来た場合にのみ(可能性は極めて低いです)、異議申し立てを起こすようにしましょう。

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO