サイトの必須構成要素!
今回はサイトの構成要素について書かせて頂きますm(_)m 最低限あった方がいいもの、出来ればあった方がいいものなどなど。

まず、最低限あるべき物は、目次(トップページ)、サイト概要説明のページ、メインとなるページ、運営者のプロフィール、サイトマップ、連絡手段(掲示板)です。

言わずもがな、トップページが無ければ各コンテンツへ飛べません。出来るだけ分かり易くまとまったトップを作りましょう。広告ベタ張りは絶対タブー。欲アリアリなのが丸分かりで、訪問者の方がドン引きしてしまいます。

そして次に、そのサイトは一体何のサイトなのか、どのような情報を掲載しているのか、簡単に説明するページも設置しましょう。いきなりメインコンテンツの方へ誘導しても、訪問者の方は訳が分からず困惑してしまいます。

続いて、メインコンテンツ。サイト運営者がもっとも力をいれるべき部分です。稼ぐ母体となりますし、ここでサイトの良し悪しが決まります。数については、自身の持ち合わせている情報の濃さに合わせましょう。もし、扱うテーマについて、深い知識を持ち合わせているなら一本で充分です。ですが、あまり深くも無く浅くも無くといった場合は、複数作成を考えた方がいいかもしれません。同じテーマについて、深い知識を持ち合わせている人に対抗するには、他の関連情報で補うしかありません。

さらに、運営者のプロフィールも掲載しましょう。普通の個人サイトならば必要無いのですが(特に男性は無意味)、商用サイト(広告掲載サイトも含めて)の場合、訪問者の方は少しでも多く運営者の情報が欲しいものです。昔に比べネットが一般化したと言えど、まだまだ不安を感じている人も少なくありません。信頼度アップコンテンツ。

あと、サイトマップ、掲示板も必須です。後々サイトが大きくなった時、サイトマップの有る無しでサイトの分かり易さに大きな違いが出てきます。後になればなるほど手間が掛かりますから、初期の段階で作成しておきましょう。

掲示板は、ネットの機能を生かすツールです。テレビ、雑誌と違い双方向通信できるのがネットの利点ですから、その利点を殺さぬよう掲示板は設置すべきです。一つも連絡手段が無いと何かと不便ですし。

以上がノンベイの考える最低限あるべき構成要素です。あとこの他、必須とまでは行きませんが、概要説明のページより詳しく内容を伝える特徴紹介のページ、自身のメールアドレス、リンクのページもあった方が良いかもしれません。

特徴紹介のページは、概要のみの説明では、訪問者の方が今一イメージを掴みにくいと判断できる場合に設けましょう。より取っ付き易くするために。

自身のメールアドレス公開は、サイト運営に対する本気度を表すバロメータです。デメリットとして多量の迷惑メールが送られてくる事は、訪問者の方も当然知っていますから、信頼度アップに繋がります。(無茶苦茶本気だ!と言っても、プロバイダの本メールはやめておきましょう) また公の場に公開できない、公開しない方が良いやりとりをする場合(あまり在りませんが)、無いと困ります。

あと、リンクのページは他サイトと関りを持たせるのが目的です。サイト運営は基本的に閉鎖的な作業ですから、設置して刺激を貰いつつマンネリ化を防ぎましょう。息切れを起こさぬために。

以上!長々と私的構成要素を語らせて頂きました。え〜、次回はメインコンテンツについて書かせて頂きマス!

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO